看護師 治験コーディネーター

看護師から治験コーディネーターへ転職

看護師を辞めたい方は、看護師の知識を活かしたお仕事に就いてみてはいかがでしょうか。例えば、治験コーディネーター(Clinical Research Coordinator)として働けば、看護師の知識を活かすことができます。

 

治験コーディネーターは、新薬開発を目指す「治療を兼ねた試験」をコーディネートする職種です。具体的には、治験責任医師の指示のもと、医学的な判断を必要としない治験業務の支援を行います。治験コーディネーターのお仕事は、大きく治験準備業務と治験支援業務に分けることができます。

 

治験準備業務では、計画を把握しスケジュールの調整を行います。治験支援業務では、被験者の同意を得る補助、被験者の負担軽減、検査データの収集・管理、報告書の作成補助などを行います。研究としての側面がある治験では、被験者は治療の効果や副作用に対する不安を感じます。

 

また、データを収集するため、本来は必要ない検査を受けることになります。これらに対して、わかりやすく説明を行い、納得を得ることなどが治験コーディネーターの仕事になります。以上のような業務を行うので、治験コーディネーターには高度な医療知識と、高度なコミュニケーション能力が求められます。特別な資格がなくてもなることはできますが、これらの能力が必要とされるので、看護師が歓迎される傾向にあるのです。

 

病棟勤務とは異なり、治験コーディ―ネターのお仕事に夜勤はありません。残業も少ないので、これまでの経験を活かしたい方にはお勧めのお仕事といえるでしょう。間接的とはいえ多くの方の命にかかわるお仕事なのでやりがいもあります。

 

治験コーディネーターに興味のある方は、看護師転職サイトのコンサルタントに相談をしてみるとよいでしょう。外からは見えにくい治験お仕事内容や、勤務環境などを詳しく教えてくれるはずです。希望する条件に合致する看護師求人の紹介も行ってくれます。治験コーディネーターに興味のある方は、看護師転職サイトの利用登録から始めてみてはいかがでしょうか。

 

看護師転職サイト比較ランキング