看護師 辞めたい 外来看護師

病棟看護師から外来の看護師へ転職

ハードな業務に加え、夜勤がある病棟勤務は、働くことに疲れやすい職場です。憧れを持って看護師になった方でも、辞めたいと感じることがあるでしょう。病棟勤務に疲れた方は、環境を変えて働いてみてはいかがでしょうか。例えば、同じ病院でも、外来に勤務をすればやりがいを取り戻せるかもしれません。

 

病棟看護師と外来看護師を比べると、お仕事の内容・勤務体制とも大きく異なります。どちらが楽ということはありませんが、外来は基本的に夜勤がなく、残業も少ないので働きやすいといえます。

 

具体的な業務の内容は診療科目により異なりますが、問診・呼び出し・検査の説明・採血・点滴・バイタル測定などの診察補助、救急患者の対応、検査や入院などの連絡調整などを主に行います。

 

一見するとゆったりと働けそうですが、決められた時間の中で患者様に対応する必要があるので、密度の濃い仕事になります。また、一般の患者様に対し病院の顔として接する必要があるので、高い接遇技術が求められます。ゆったりと働くことができそうな外来ですが、外来には外来の難しさと魅力があります。

 

以上のことからわかるように、病棟勤務と外来勤務では求められる仕事が大きく異なります。そのため、病棟勤務に疲れた看護師にお勧めの転職先といえるのです。外来に転職をしたい方は、看護師転職サイトのコンサルタントに相談をするとよいでしょう。

 

各外来により求める人物像が異なるので、それぞれの個性を見分けながら適切な求人を紹介してくれるはずです。特に、外来の経験がない方や、経験が浅い看護師は、コンサルタントの活用がお勧めです。

 

看護師転職サイトは無料の会員登録をすることで利用できます。3つ程度の看護師転職サイトに登録をすれば、いろいろな看護師求人が見つけられるでしょう。

 

看護師転職サイト比較ランキング