看護師 訪問入浴介護

訪問入浴介護で看護師として働く

高齢化などの影響により、看護師の力は在宅領域でもおおいに求められています。病院勤務の末、看護師を辞めたいと感じている方は、在宅領域で働いてみるとよいかもしれません。例えば、訪問入浴介護は看護師が活躍する在宅サービスの一つです。

 

訪問入浴介護は、看護師と介護職員2名がチームを組み、移動入浴車で各ご家庭を巡回し、入浴を介助するサービスです。訪問介護と異なる点は、ご自宅の浴槽を使うのではなく、簡易浴槽を持ち込み、入浴サービスを提供する点です。ご家庭で入浴をすることが難しい方にサービスを提供するので、利用者様にとっては楽しみな機会になることが多いようです。

 

個々の利用者様と深い関係の中でお仕事をしたい方にはお勧めの勤務先といえます。看護師には、入浴前の健康チェック、入浴可否の判断、入浴後の体調チェックなどが求められます。入浴中の洗体に関しては、事業所の判断により行うところと、行わないところがあります。チーム内の医療職は看護師だけになるので、体調管理などは適切な判断が求められます。お仕事のきつさは、洗体が有無により大きく異なるといえます

 

。一日に7・8件回ることもあるので、心配な方はこの点を確認しましょう。一般的には、病院勤務より負担が少ない職場といわれています。勤務は日勤のみであり、勤務時間も融通が利きやすいことが多いので、家庭と仕事を両立させたい方が働きやすい職場といえるかもしれません。

 

以上のように、訪問入浴介護は在宅で入浴サービスを提供するお仕事です。病院とは内容が全く異なるので、看護師を辞めたいと感じている方にはお勧めの職場です。ただし、勤務先によって洗体の有無が異なるなど、お仕事の内容が大きく異なります。

 

勤務を検討している方は、ランキングを参考に看護師転職サイトのコンサルタントに相談をしたほうがよいでしょう。お仕事の内容など、内部情報を具体的に調べてくれるので、働きやすい職場を紹介してくれるはずです。まずは看護師転職サイトの利用登録から始めてみてはいかがでしょうか。

 

看護師転職サイト比較ランキング