看護師 回復期リハビリテーション病棟 求人

回復期リハビリテーション病棟で看護師として再出発

慌ただしい業務や多すぎる残業などで看護師を辞めたい方は、転職で働く環境を変えてみるとよいかもしれません。同じ病棟勤務でも、職場を選ぶだけでプライベートを大切にしながら働けることもあります。例えば、回復期リハビリテーション病棟であれば、これまでとは異なる環境で働くことが出来るかもしれません。

 

看護師であっても回復期リハビリテーション病棟に馴染みのある方は少ないはずです。そのため、業務が見えにくく選択肢に挙がりにくいですが、実は働きやすい職場といわれています。看護師は、回復期リハビリテーション病棟で、患者様がリハビリに集中できるよう入院生活を支援します。

 

患者様は一日数時間のリハビリを終えると病棟内で過ごします。この間の様子を観察し、健康管理と指導を行います。併せて、病棟内でのリハビリにより、できることを増やす援助を行います。これらの援助は、医師やリハビリスタッフとのカンファレンスで情報共有しつつ行います。

 

そのため、他職種と協力する協調性が求められます。急性期病棟に比べると急変などは少ないですが、日常生活動作へのサポートが求められるなど、異なる忙しさがあります。また、急変時に的確な対応を求められるので、勤務先によっては急性期の経験が重要視されることもあります。

 

患者様が回復する過程に携わることができるので、やりがいのある職場といえます。また、入院期間が長期になることもあるので、関係づくりを行いながらゆっくり看護をできることもあるでしょう。一般に残業は少なく働きやすいといわれていますが、業務の内容は多岐にわたるので応募前に把握しておく必要があります。

 

看護師求人サイトに登録をすれば、様々な回復期リハビリテーション病棟の求人が利用できるほか、コンサルタントの転職支援を受けることができます。病院ごとの仕事内容など、内部情報も教えてくれるので、転職を考えている方は利用したいサービスといえます。

 

ランキングを参考に、いくつかの看護師転職サイトに登録すれば、良い求人が見つけられるはずです。無料で利用できるので、会員登録だけでも済ませてみてはいかがでしょうか。

 

看護師転職サイト比較ランキング