看護師 辞めたい

希望する部署がある方は転職前の交渉が重要

希望する部署で働くことができないため、看護師を辞めたい方もいるでしょう。看護のお仕事は、高度に専門分化しているので、所属部署が異なれば学ぶこと・身につく技術が異なります。

 

そのため、やりたいことがある方は、希望する部署で働くことが重要になります。希望が考慮されない勤務先の場合、キャリアを積めば積むほど理想と離れていくかもしれません。どうしても我慢できない場合は、転職を考えるのも一つの方法です。

 

とはいえ、転職を行えば必ず希望の部署に配属されるわけではありません。基本的には、個人の希望よりも採用側の都合が優先されることになります。しかし、個人の都合が全く無視されるわけでもありません。希望する部署に空きがあり、入職前に交渉を行えば、希望の部署に配属される可能性が高くなります。

 

場合によっては「希望する部署に配属されるならば転職をする」という条件付交渉を行うこともできます。残念ながら、採用後に配属が決まるため、採用活動中に配属先の確約が受けられることはほとんどありません。しかし、希望を最大限考慮するなど、前向きな返答を得られることはあります。

 

入職前にこのような交渉を行うことで、希望する部署に転職できる可能性は高くなります。しかしながら、立場の弱い求職者がこれらの交渉を行うことはとても難しいといえます。約束を反故にされないためにも、条件面にかかわる交渉は第三者にゆだねたほうが良いかもしれません。

 

看護師転職サイトのコンサルタントであれば、その専門家なのでスムーズに交渉をまとめてくれるはずです。希望する部署がある方は、看護師転職サイトのコンサルタントに相談をし、転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。

 

看護師転職サイト比較ランキング