看護師 辞めたい

老人介護施設で看護師として働く

病院で勤務をしていると、看護師は病院以外で働くことができないと考えてしまいますよね。確かに、病院は看護師が活躍する主な職場です。しかし、看護師が活躍できる職場は病院だけではありません。急速な高齢化を受け止める老人介護施設などでも看護師の力が求められているのです。

 

看護師の力を求める老人介護施設などは多岐にわたります。例えば、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、有料老人ホームが挙げられます。これらの施設は、治療の場ではなく生活の場なので、基本的に医療行為が少なくなります。ただし、老人保健施設は医療機関と在宅の中間施設と考えられているので、医師が常勤し、看護師には24時間制常勤(夜勤有が多い)が求められます。

 

医療色が強い施設と認識しておくとよいでしょう。しかし、老人保健施設も含め、病院ほど医療行為が多いということはなく、主なお仕事はバイタルチェック、生活介助、見守り、介護職への指導などになります。医療行為は少ないですが、介護が忙しいところもあるので、この点は入職前にチェックする必要があります。また、医師が常駐しない施設では、急変時に搬送の判断を求められることがあります。

 

夜勤の有無は、勤務する施設の種類や勤務体制により異なります。夜勤が全くないところもあれば、オンコール制を採用しているところもあります。いずれにせよ、医療機関より融通が利きやすい施設が多いといえるでしょう。

 

以上のように、老人介護施設でも看護師の力が求められています。病院に比べるとゆったりとしたペースで働けるところが多いので、看護師に疲れた方にはお勧めです。様々な施設があるので、勤務を希望する方はランキングを参考に看護師転職サイトのコンサルタントに相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

条件に合致する求人を紹介してくれるはずです。老人介護施設に興味がある方は、看護師転職サイトへの登録から始めてみてはいかがでしょうか。

 

看護師転職サイト比較ランキング