看護師 療養病棟 求人

療養病棟での勤務と環境を変えてみる

慌ただしい業務をこなしていると、患者様とゆっくり関係づくりをしながら看護したいなど不満がたまることがあります。今の環境が不満で看護師を辞めたい方は、転職で働く環境を変えてみるとよいかもしれません。例えば、療養病棟に転職をすれば、ゆっくりと関係づくりを行いながら働くことができるかもしれません。

 

ご存知の通り、療養病床では長期にわたり療養を必要とする慢性期の患者様を対象に看護を行います。同じ療養病床にも「医療療養病床」と「介護療養病床」があるので注意が必要です。しかし、いずれも長期にわたり療養を必要とする方が入院する施設なので、急性期病棟のような慌ただしさは少ないはずです。そのため、患者様とゆっくり関係を作りながら看護を行いやすいといえます。

 

ただし、患者様の中には意識のない方や寝たきりの方が少なくありません。かかわりへの反応が少ないこともあるので、この点は理解が必要です。変化が少ない方であっても、毎日のかかわりを通じ変化を感じることもできます。観察力がある方であれば、やりがいをもって勤務を続けることができるでしょう。

 

急性期病棟に比べると、あわただしい業務は少ないですが、急変などがないというわけではありません。

 

また、様々な医療行為やおむつ交換、体位変換など多岐にわたる業務が求められます。転職を希望する方は、実際の勤務内容を理解してから検討を進めましょう。

 

療養病棟での勤務は以上になります。イメージと少し異なる面があるかもしれませんが、慌ただしさや残業は少ないので、自分のペースで働きやすいといえます。転職を希望する方は、看護師転職サイトのコンサルタントに相談をするとよいでしょう。

 

詳しい業務内容の説明はもちろん、職場の人間関係などの内部情報を教えてくれます。さらに、働きやすい看護師求人の紹介や様々な転職サポートなどを行ってくれます。興味のある方は、ランキングからいくつかの看護師転職サイトに登録をしてみてはいかがでしょうか。きっと満足いく転職ができるはずです。

 

看護師転職サイト比較ランキング