看護師 辞めたい

看護師は辞めても転職できる?

今の勤務先を辞めたいと考えている看護師の中には、転職することができるか不安で、行動を起こせない方がいるでしょう。看護師は今の職場を辞めても転職することができるのでしょうか。

 

生計を担うなど、お仕事を辞めることができない事情を抱えている方は、転職に当たり大きな不安を感じているはずです。雇用が流動的といわれる看護業界ですが、いざ自分が転職するとなると不安がつきまとってしまいます。

 

幸い、看護師は人材が著しく不足する業界なので、世間で言われる通り雇用はかなり流動的です。常勤看護師の離職率は11%前後(新卒看護師の離職率は7%から8%程度)で安定し、看護師の二人に一人が一回以上の転職を経験しています。

 

このような環境にあるので、看護師にとって転職はそれほど難しいことではありません。強いこだわりを持たなければ、苦労せずお仕事を見つけることができるでしょう。ただし、転職回数があまりにも多い、キャリアがほとんどない、などの事情がある方は少し苦労するかもしれません。

 

医療機関などは、お金をかけて採用活動を行っているので、採用した看護師がすぐにやめることを恐れます。これらの条件に当てはまる方は、採用担当者に不安を与えてしまいます。面接前になぜ今の状況に至ったか、納得できる理由を整理しておくとよいでしょう。

 

以上のことからわかる通り、看護師資格があれば転職はそれほど難しくありません。何かしらの理由で転職活動に不安を抱えている方は、看護師転職サイトを利用するとよいでしょう。転職支援のプロが活動をサポートしてくれるので、働きながら転職活動を行うことが可能です。

 

この方法であれば、リスクを抑えながら新しい職場を見つけることができます。転職活動に不安を抱えている方は、看護師転職サイトをご利用になってみてはいかがでしょうか。

 

看護師転職サイト比較ランキング